熊本の地震。
震度7という表示を初めて見た。
その後も続く大きな地震。

現地で活動されている方々、
どうか安全確保してほしいと思うし
亡くなってしまった方、ご冥福をお祈りいたします。

まだ余震が心配ですが
被災された方々の心の安定が
一日でも早くおとずれますように。


 
###


人によってこういう時に何が大切か、
分かれるとも思うけれど。
思うところがあってこのブログを書こうと思った。
(本当は書くつもりはなかった)





私には熊本、大分には 知り合いがいない。
だけど九州には何人か知り合いがいる。


今回の地震で真っ先に思い浮かんだ
友達に連絡を取ろうと思った。
が、止めた。

個人的に安否確認をしてしまうと
返信をしなければいけない。
きっと、私以上にその友達は安全を伝えたい人がいるだろうと。
スマホのバッテリーもなるべく残しておきたいだろうと。

そして何より
自分自身の安全確保
大切な人の救助
をしてもらいたいと思って
私の個人的な確認に時間も労力も使ってほしくないと。


ツイッターで繋がっている彼女の
アカウント見にいったら
無事なことが確認できた。
それで十分だった。



冷たいと思われるかもしれないが
未だ彼女には連絡をしていない。
もう少し時間が経ったら
心が和むような話をしようと思う。



###


東日本大震災の時に
仙台で被災した友達と
震災から半年くらいしてから会う機会があった。

実際に会った時には
怖い思いをしたこと、
大変だったこと、
たくさんの話を聞いた。

その子は泣いていた。
こちらまで泣いてしまったが
元気づけようと、一生懸命話を聞いた。




###

震災が起きている最中、
震災直後、
復興期、
それぞれにできることは異なるし
考え方も異なるとは思うけれど

一人一人の「できることの力」は
誰か一人を救えるかもしれない。




この震災が起きている最中、
私にできることは募金をすること。

そして復興期にお役にたてるよう
稼いで
おくこと。(納税できるように)



元気づける言葉や本当に役立つ情報を伝えたり、シェアすることも
「できること」の一つ。

ただ、情報の精査は必要で。
少しでも疑問があるならむやみやたらに
発信しないほうが良い気がする。

大切な情報が埋もれてしまうから。



###



震災が起こったとき、
どのような連絡手段がとれるのかは
分からないから
なるべく多くのツールを持っておいたほうがいいと思う。

家族や大切な人との連絡手段と
普段からの防災への関心度合いで
減災にもつながるはず。

それだけで助かる命もあるかもしれない。




他人事にせず、
普段からの意識をしっかり持ちたい。