エリッカーレ社長 高橋恵梨香のblog

    「繋がる、広がる…そして豊かになる」をコンセプトとして立ち上がった 合同会社ericcare(エリッカーレ)社長 髙橋恵梨香のブログ。               想い、日々の徒然、ericcareでの出来事… 普通のOLから社長になった女性の頭の中を覗いてみませんか。

「繋がる、広がる…そして豊かになる」想いは2つ。
・人と人が繋がって、輪(和)が広がり、心が豊かになる。
・自信に繋がって、可能性がひろがり、豊かな発想を得る。

日記

素敵なコトバは心の栄養。




最近、「忙しい」を理由に本を読む事から離れがちだった。
これはよくない。


本の中の良いフレーズは
私にとって、心の栄養だった。



kindleの本はちょっと抵抗があって
なかなか読まなかった。
(なんて今ドキでない。。)


でも好き嫌いをせずに読んでみた。
…よかった!!
電車でも読みやすい。


そしてリンクにすぐ行けるところが
なんとも素敵。



紙の本も好きだけど。



###

今回の心の栄養はコレ。

自ら上場した会社を辞め、41歳で再び起業したシリアルアントレプレナーの挑戦 
『ベンチャー魂は消えない』 経沢香保子 著



やはり、というか そりゃそうだ!!
と言われてしまうかもしれないけれど
素敵なフレーズがたくさんあって
元気をもらえた。

特にお気に入りはコレ。


・どれだけの人の心を温かくしたかで会社の未来が決まる。

未来を変えるのは、今日からの行動だけ。



愛があって、温かい言葉が
たくさん散りばめられた本だった。

内容は
経沢さんの情熱たっぷりの起業エピソードだけれど、
言葉が温かい。

そして、一気に読んでしまえるボリューム。
良い本だった。



経沢さんを尊敬する一つの理由に
「いつも笑顔でいる」ことがある。
すごーく苦しいこともたくさんあるはずなのに
いつも笑っているイメージ。
同じ女社長として憧れる。

いつも笑顔のイメージの女性に悪い人はいない。はず。




笑顔でいることは¥0でできる。
(マックみたい(笑))
でもその効果は絶大。



お手本にしたい。






私も笑顔のイメージになれているかな?!
いや、顔に感情が全てでているな。。
隠せないタイプだったな。
「表情豊かな私」としておこう(笑)
 



 

他の人のブログや本から得ることは、自分にアンテナがあるものだけ。



どんなに良い本、どんなに良い言葉、
文章、絵、写真、発信されているもの全て。



他の誰かが絶賛していても
自分の中にアンテナがなければスルーしてしまう。



逆に言えば、
SNSなどで公に向けて発信されていても
「自分に向けて言われていなくても」
気になっている事柄は
「自分に向けて言われた」と感じる。




人間、上手くできているもんだ。
自分都合で人生がまわる(笑)





今日の私のアンテナにひっかかったのはコレ。
 

離れる、という選択をする、

ということが苦手な人にはそれが、

チャレンジであり、成長であることがあります。

だから、それをやるために現れてくれているかもしれないしね。



「美人になる方法」ワタナベ薫さんオフィシャルブログ---イライラや、嫌なことは全部避けた方がいいのか?---より


仕事などで現状に甘んじる事無く
成長して行くために
「離れる」という選択。



離れるって、すごく勇気のいること。



つい最近、
仕事で一つ、離れる決断をして
先方には伝えてあるけれど。

「コレを離れたら、この分の稼ぎは無くなる!」
とかたくさん考えたけれど。
「チャレンジであり、成長であることがあります」
と言われたら
自分の選択も間違いではないのかな、と。
元気をもらえた。





仕事に限らず、人間関係も同じ。
しっかりと向き合った上での決断は大切。

…と、ワタナベ薫さんがおっしゃっております。
(向き合わないでヤミクモに排除は危険とも書いてありますよ!)





色々、向き合って、たくさん考えよう。














先日、家の仕事の手伝いをしに実家に帰った。
そうしたら。。




父親(もうすぐ70才)
に私の仕事は詐欺師と言われた(笑)






聞き捨てならぬ。。。






まず、セミナーという概念がなく
しゃべってお金がもらえるなんて何事かと。

しかも、カラー診断やら骨格診断、
ファッションに関わることなんて全て遊びだと。






これも、聞き捨てならぬ。。。







父親は昔ながらの人で破天荒。
14年間は信用金庫に勤めていたけれど
祖父が亡くなったのを機に
アパート経営をすることに。

だからか、最近の流行廃りには興味ナシ。







父「ちょっとしゃべって先生になれるなら誰だってなれるじゃん!」

私「じゃー、先生って人生の中で一回でも呼ばれたことあるの?」

父「社長!なら呼ばれてる!!」

私「社長も先生もどっちも 呼ばれたことあるもーん。いいでしょ?!」


 

と自慢で逆襲しておきました。






いや、でも、
ファッションや印象管理、
コミュニケーション方法をお伝えすることが
仕事としてできるって

日本が平和になった証拠なのかもしれないですよね。 



戦争をしていたらきっとこんな仕事はなくなるし。






###


物が飽和状態だからあるお仕事なのかもしれないな、
でも人が喜んでくれる仕事をしたいな 〜。



と、のんびり思ふ
ポカポカ陽気の今日このごろ。。。 




外が気持ちイイ!!!



 

カラーの師匠が私たち弟子に向けて
お祝いテロをしてくれました。



ステキなお花。
私にはコレ。
image




何のお祝いかというと、
会社の設立祝い。
私が「まだいいです」とお断りしていたら
見かねてサプライズしてくれました。

そんなことをされると喜んでしまう私。
なんてちゃっかり者。





師匠は全部で3人にサプライズで
お祝いテロをしてくれたわけですが
 
他二人は私と同期。
 
(インディバエステサロン移転祝い。)

(自宅サロン開業祝い。)


二人とも息ぴったりの同期だったなぁー。
次にどんな色で比べたいかを
私より早く察知してくれる。
そしてドレープ(診断を行う布)を組み合わせてスタンバイしてくれる。 

お世話になりっぱなしの二人。





二人のサロンお祝い時期が重なったこともあり
私は便乗してもらってしまいました。
やはり、ちゃっかり者。



###

師匠の心遣いの細やかさには
いつも驚かされます。



今回、3人ともお花の色が違う!!
そして、
その人にピッタリなお花を選んでくれてる!!



今年の私のテーマは
「親しみやすさ」
色でいえは、黄色やオレンジ。
しかも明るい雰囲気が好きなので
まさにこんな色のイメージ。



美沙子さんには優しいピンクで。

Natsukoさんにはピリッとアクセントのあるピンクで。



それも二人にピッタリすぎて
師匠の愛の深さが伝わってきます。




師匠、ありがとうございました!!


 

昨日に続き、
五感をフルに使えているか。( 昨日の嗅覚編はこちら。)


予告通り
P.C.S(プロフェッショナル・コミュニケーション・スキル)特別セッション
を受けてきました。
暗闇でのコミュニケーショントレーニングを。

視覚0ゼロの真っ暗な世界。

実は私、こうみえてお化け屋敷が大キライ。
頑張ってもディズニーのホーンテッドマンションまで。
同期で行った富士急のお化け屋敷は、皆を見送り観覧車を楽しむほど。
今の会社の事務所も夜は自動消灯、人感センサー点灯なのでトイレとか本当に怖い。


そんな私がこのセッションを受けた理由は
「私より暗い場所が苦手そうな、PCSマスタートレーナーの大原先生がセッションをしてくれるから」でした。
夜、就寝時でさえ電気をつけている大原先生。
私よりお化け屋敷がキライなことは間違いないでしょう。


元々、視覚0ゼロの真っ暗な世界でコミュニケーションをとる、
というのは興味があったのですが。。
エンターテイメントの要素が強かったのと、
お化け屋敷を想像して尻込みしていました。



###


人は感覚をひとつ失うとどうなるのか。



単純にそこを知りたかった。
よく五感に障がいがある方は他の感覚が
研ぎすまされる、ということを聞いたことがあります。
一つの感覚をカバーするのに、あらゆる物を使う。

その中で本当にコミュニケーションがとれるのか、と。



今、私のお仕事は色に関わる部分が多く
視覚がなくなったら仕事を変えるしかありません。
死活問題です。



また、人との繋がりに大切なコミュニケーション、
もっと違う側面で見てみたい。
そんな想いもありました。

人の表情を見ないで
どこまで人の心を分かる事ができるのか。

これが今回の受講のきっかけです。



###

【まず、体験したことを。


・日常でも体験するくらいの暗い部屋で、
視覚障がいのあるアテンドさんより白杖の持ち方をレクチャー受ける。
・一緒に回るメンバー自己紹介&ニックネーム決め。
・視覚「0」の世界へ突入。
・橋を渡る。
・ベンチに座る。
・ブレイクタイム(お茶とお菓子)
・テーマに沿ったお題について語り合い、それをカタチで表現。
・暗闇を出た後に大原先生のセッション。


そして、感じたことを。 

目が見えないと自分がどうなるのか。
未知数でしたが私が一番初めに感じたのは恐怖。

頭では、声を出さなけば周りの人とコミュニケーションがとれないのは
分かっていましたがコワイという思いによりコトバを発することを忘れていました。
しかし、本当に見えなくなって前に進まなくてはならなくなった時、
自分が持っている情報を言葉にしないと進めない。
そして一緒に回っているメンバーとアテンドさんを信じなくては進めない。
と気づいてやっと声が出るように。

お茶とお菓子のブレイクタイムの時に
何度も食べたことのあるお菓子をいただきましたが
味が濃く感じられました。

自分のことに必死なうちは
周りの音も聞こえず、コミュニケーションどころではありません。
だけど「助けてもらわないと進めない」となった時に
周りの音の気配を感じたり嗅覚、触覚を研ぎ澄まして
状況把握をする。
そして「自分がどうしたい」を伝える。
すると必ず誰かが助けてくれる。

自分一人だったらゴールまでたどり着けなかっただろうな。
そして「自分の足で歩いてみる」をしなければゴールしなかっただろうな。


私から視覚を取ると
触覚に頼ることが分かりました。

しかし、聴覚も嗅覚もぜーんぶ総動員すると
本当に色んな情報が得られるということを知りました。


###

暗闇から出た後、
アテンドをしてくださった方(視覚障がいをお持ちの方)からも
お話しを聞くことができました。
いくつかご紹介。

・感覚を研ぎ澄ませば、表情がなくても感情を分かることができる。
(声の感じ、歩く音、洋服の擦れる音、息遣いで分かるそう)

・ゴミ捨てすら最初はできなかったけど、一歩を踏み出したら
「自分もできる」っていうことが分かって、今では仕事までできるようになった。

・人に道を聞く時、相手を信じて言われた道を行くしかない。
行ってみなければ、合っているのか・間違っているのかも分からない。
だから人のいう事は素直に聞いてみる。そうしないと進めない。
理屈ばかり考えないでシンプルに。


これを聞いて、「視覚障がい」を「人生の歩み方」に変換してしまった私。
最後のセッションの時に泣きそうになっていたことはナイショです。


###

非日常の楽しい体験だけでなく
いつものコミュニケーション方法にまでしっかりと
価値観を変えられました。

いい体験できました。

12715855_903490916414895_7264709920388193622_o




******************

2/21カラーとマネーの力で女子力を豊かにするセミナー開催
http://mbp-tokyo.com/ericcare/seminar/

******************





 

五感。


五感(ごかん)とは、動物やヒトが外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、古来からの分類による5種類、すなわち視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚をさす。この伝統的な分類を前提として、人間の感覚全体を指すために「五感」という表現が用いられる場合もある。

<wikipedeiaより>
 

既にご存知のとおり、
「見る、聞く、触る、食べる、嗅ぐ」の感覚。


このどれかが欠けていても不自由さがある。
私は有り難い事に全ての感覚を持って生まれてきたので
正直な話をすれば「欠ける」イメージは沸きません。
気分を害してしまう方がいるならば
先にお詫びをしておきます。。



###


最も人が記憶を思い出す感覚、
…それは、嗅覚。


ある香水を嗅ぐとその人を思い出す。
そんな感じ。



普段無い香りが、ふとした瞬間に感じられると
その近辺の記憶が一気によみがえることがある。


これはポジティブなことも、ネガティブなことにもあてはまる。



人で言えば、(あくまで例えですよ。)
・旦那さんが使っている香水を、街なかで嗅ぐと安心できる。
・昔の恋人の香水を嗅ぐとイヤな別れ方をしてしまったことを思い出す。
といったように。






…私にも忘れることのできないニオイがある。
人ではなくて、その状態のニオイ。
ネガティブすぎて書けない。
その時のシーンがフラッシュバックして怖くなるニオイ。
あれだけは、忘れちゃいけないんだけど
忘れられないんだろうな。







嗅覚が人の記憶を思い出すフックになるなら
それをちゃっかり利用しようと思って
今、お気に入りの香水を探し中。
前回のブログはこちら。

「忘れられない」ニオイを私の香りにしたいな。

だから、期間限定の香水には見向きもせず。
定番なものを。

今の第一候補はコレ。(キャロライナ ヘレラ / 212 オーデトワレ
1997年発売とは。。もう20年近い。。
定番すぎかしら?!



今ある廃盤になった香水をしっかり楽しんでから
買おうかな。





###



本日の記事は嗅覚について、でしたが
明日は五感つながりで視覚について書きます。

夜に
P.C.S(プロフェッショナル・コミュニケーション・スキル)特別セッション
を受けてきます。
ダイアログ・イン・ザ・ダークを会場とした
暗闇でのコミュニケーショントレーニングを。

視覚0ゼロの真っ暗な世界で何かが開けてくるかも?!
楽しんで、明日しっかりレポート書きますねー♪






 

久々に会う、前職のメンバー。
仲が良くて、しょっちゅう大笑いしていたメンバー。


久々に会っても変わらなくて
大笑いできるメンバー。



ご縁って大切だな、と感じる瞬間。
辞めて迷惑かけたのに呼んでくれるってありがたい。



このメンバーと会っていると
皆でワイワイしていたのが懐かしくなって
一人に戻ると少し寂しくなる。



仕事を一緒にする上では
慣れ合いで仲良しが良いとき、
お互いを干渉せずに黙々と作業をすることが良いとき、
両方あるのは分かっているけれど

仕事にモチベーションを求めるのであれば
楽しい方がいい。


「楽しい」と思うポイントは人によって違うかもしれないけれど。

何かを達成することが楽しいのか、
新しい何かを思いつくことか、
稼ぎまくるのが楽しいのか、
人との繋がりが楽しいのか。


###


元同僚が退職を決めたというウワサを聞いた。
仕事はできるし、効率もよくできる後輩。
いわゆる、ソツなくこなすタイプ。

でも少しだけ心配な部分がある。
人との距離感の取り方が気になる。。
遠い気がする。



きっと、仕事だけをみれば
問題なく次の会社でも活躍するだろう、と思う。


ただ、楽しく仕事をすることができるか?
という側面からみれば、どうだろう。。
やっぱり心配してしまう。



こればっかりは自分で気づかなければ
変えることなどできないし

「お金さえもらえればいい」
ということが根本にあるのなら
それでいい、とも思う。

人それぞれで、私に心配されるなんて
お節介でしかないだろうし。


###



人との繋がりは大切。
私の一番のモチベーション。


一人よりも二人。
二人よりも三人。
三人よりも十人。


一人で悩むとあまり良い方向に行った試しがない。
なのに、人に伝えながら自分の頭の中を整理すると
良いアイディアが思いつく。


こういう時にこそ仲良くしてくれる人を
大切にしたい。





それを再認識した
酔っ払いでした。









 

今日はPCS(プロフェッショナルコミュニケーションスキル)の
基本尺度を用いた2分間プレゼンテーション授業。



考えれば考えるほどドツボにはまっていた私。
結果、プレゼンは散々で。。




何か違和感。
考えれば考えるほど、違和感。




「自分だったらどうされると嬉しいかな」とか
「聞く人の立場なら何を思うかな」と
今までも考えているつもりでした。



そう、つもりだったのです。




都合の悪いことには目を背け
都合の良いことだけをピックアップ。

それじゃ、前には進めないんですね。





自分自身のタイプ診断が間違っていたがため

人との距離感や
心の距離を見誤っていました。。




完全に思い込み。
「そうだったらいいな」 の無いものねだり。




フィードバックを受けながら
それが解けた瞬間、
なんだかスッキリした気がしました。



###



あなたは
自分のことを どのくらい知っていますか??




・数字派か、イメージ派か。
・どんな歩き方をしているのか。
・何を話しているときが楽しいのか。
・苦手なことは何か。



挙げればキリがないけれど
ちゃんと自分を分かっていないと
どこかで苦しさがでてくる、ということを
実感しました。



ここ2週間、つらかったー。
でも、新たなスタートを切れそう。




受け入れてしっかり
前を向いていこっ!!





毎回、気づきをもらえる授業。
気づきなんてレベルでなく
頭の中の脳ミソ取り換えレベル。

PCSと出会えてよかったな~。



上っ面だけの人生じゃー、
楽しくないですからね。



ホンネをしっかり聴いて
ホンネを伝える。



これでパワーアップ間違いなし!




夢や希望を語る事、

●オトナになるとちょっと恥ずかしいし
失敗した時に気まずくなることを予想してしまったり。
●夢や希望のことを考えてないから言えなかったり。
●考えてないから言わないんじゃなくて大人げないから言わないだけだし。
って言い訳をしがち。


実際、私も社会人になったころは
「こうなりたい」って言えなかった。
ちゃんと言うなら
「こうなりたい!って考えていなかった」
というニュアンスが正しいかも。




しかし、起業してからは特に
●こういうことをしたい
●私はコレが好き
●こんな所に行ってみたい
をなるべく発信するようにしています。


…少しずつだけど、叶う事が多い。
本当に少しずつだけど。





それって言葉にすることで
自分自身に気づかせてあげていることだし
興味があったり、思っているから
言葉になることで。




「思ってもいない事はコトバにできない。」





それを気づかせてくれたのは
私よりうんと若い美容師さん。
たまたま同じお店で飲んでいただけの
偶然の出会い。




彼の夢や希望を聞いていてさらに思う事は

「自分のためだけの夢じゃなくて
後輩や業界に関わる人、全てのための夢を語る」ことは

めちゃくちゃカッコイイ!
ということ。




なんか、かっこよすぎて
自分の小ささに若干落ち込む。





どうなりたいかを考えているからこそ
自分がどうするべきかを考えられるわけで。

出会いや経験を通して考え方が変わってもいいと思うし、
想いを貫いてもいい。
ゴールが変わらなければ寄り道だってしていい。




でもその考えをコトバにして、発信しなければ、
「今は寄り道だよ」って言わなければ、
人には分からない。




逆に
言葉にして伝えてみると道が開けるはず。

応援してもらえる。
だから頑張れる。
夢に近づく。
希望が叶う。



こんなスパイラルにはまりたい。







私の夢は
「かっこいい女社長になること。」
「人望があってみんなに愛される社長になること」

あっ、自分のためだけの夢だ。。
まだまだ小さいな、私。。







ではでは、これでどうだ!

「女性が輝いて豊かになる社会をつくる!!」
「その輝いた女性と一緒にいる男性も幸せになれる社会をつくる!」








…次はもう少し具体的に書こうかな。



ミュージカル、しっかりと見たのは初めてかも。
昨日、 「DNA-SHARAKU」というお芝居を見てきました。
HPはこちら




新国立劇場に行くのも初めて。
image



あらすじはこちら




今のミュージカルってこんなに凄いんだ!!
が率直な感想。

もちろん、お話もよかったけど。
役者さんもいい味出してて、
中でもミッツ・マングローブはいいキャラで。





●バーチャルとリアル
●過去、現在、未来
全部が融合しているから面白い。


映像とお芝居を上手に組み合わせていて
とっても近代的?!なミュージカルでした。





創造する心を排除しようとする未来。
それを食い止めようとする過去。



創造する心は人と人を繋ぐ。










いやー、やっぱり
「人と人を繋ぐ」ってコトバ良いわ♡




人から創造する心を奪ったら。。
未来がそんな世界になってしまったら。。
めちゃくちゃ悲しい。







「今」があるから「未来」もある。
しっかり自分の意志をもって生きよう。


image


そんな風に思わせてくれたお芝居でした。

 

↑このページのトップヘ