エリッカーレ社長 高橋恵梨香のblog

    「繋がる、広がる…そして豊かになる」をコンセプトとして立ち上がった 合同会社ericcare(エリッカーレ)社長 髙橋恵梨香のブログ。               想い、日々の徒然、ericcareでの出来事… 普通のOLから社長になった女性の頭の中を覗いてみませんか。

「繋がる、広がる…そして豊かになる」想いは2つ。
・人と人が繋がって、輪(和)が広がり、心が豊かになる。
・自信に繋がって、可能性がひろがり、豊かな発想を得る。

つぶやき

最近トレーニングをしている
コミュニケーションスキルを
学習すればするほど
ホンネがない状況に戸惑うことが多くなった。



今までオブラートに包んでなるべく
平坦な人生を歩むようにしていた。

しかしモヤモヤすることも多かった。
(と言いつつも、人に比べたらホンネは言っているほうだと思う)




起業したことによって
平坦な人生から少しずつ山と谷が現れてきた。
きっと楽しくなるだろう。




###


コミュニケーションスキルのスクーリングの際に
「相手のホンネを聞くためには出刃包丁を突きつけても良い」
(ホンモノじゃないよ!!コトバの出刃包丁ね。)
という話があった。



だから、出刃包丁を突きつけてみようと思う。

もちろん、
言い回しやシチュエーションは厳選するつもりだけれど。





切り刻むつもりは毛頭ない。





相手がどんな風に受け取るかで
出刃包丁が 輝く未来への切符になるかもしれない。
(むしろ切符を生み出すための出刃包丁にしたい。)





とは言っても私も肝心なところでビビリになって
出刃包丁ではなくて、カッターナイフくらいになるかもな(笑)





久々の毒ブログ。
たまにはこんなのもアリかな。。



 

桜がそろそろ満開の時期。


リクルートスーツを着て
トレンチコートを着て
黒の四角いバックを持って
黒無地のパンプス履いて
髪の毛は後ろで纏めて前髪はシチサン。



こんな就活生も多く見かける時期に。
(女子ね)





実は私、リクルートスーツ反対派なんです。





反対の理由はいくつかあり。。



●個性やオリジナリティがない。

→従順で言われた事だけを言われたとおりにこなし、
 それ以上のものを求めない会社であればリクルートスーツで
 「枠から外れません」をアピールできるだろうけど。
 今の企業はアイディアを発想できたりクリエイティブな人のほうが
 欲しいんじゃないの?!
 ルーチン作業はコンピュータがやってくれるよ!!
 言われたことしか出来ない人は後々、厄介に。

 結局、オトナが「枠からはみ出ない子」を欲しているのかと思うと残念になる。




●就活が終わったら使わないものを学生に買わせるな。

→「働く為」に買って、働く事が決まったあとは使わなくなるリクルートスーツ。
 (私も研修が終わって、お給料が入った後はスーツを買い直した)
 バイトや親からもらったお金で「働く前に、働くため」に買わなければいけないもの。
 そんなのバカらしい。お金がもったいない。
 どうせ買うなら、就職した後に、
 「営業で勝てるスーツやオフィスが華やぐ勝負服」
 を買ったほうが、就活生だけでなく企業のためになると思う。

 結果、誰も得をしない。(お洋服屋さんですら得をしていない)


 


大きくはこの2つがリクルートスーツ反対の理由。
色んな反論はあると思うけれど。



昨年のニュースで秋田/国際教養大学
学生に対してリクルートスーツは着せません!と宣言したが
今年はどうだったのだろう。
ウェブサイトを見る限り、言及はしていない模様。
もっとアピールしてほしかった。
そして、それに続く大学もたくさん宣言してほしかった。



スーツで面接、くらいはいいと思う。
1着は持っていてもいい。




私が就活をしていた時はもう少し
ゆるやかだったのにな。
スーツの色は黒に限らず、チャコールグレーや紺もアリだったし。
ブラウスも白に限らず、薄いピンクやブルーもOKだった。
バックと靴は黒無地だったけど。


いつからこんなにつまらない
リクルートスーツが流行ってしまったのだろう。



雑誌や大学のアナウンスがこうさせてしまったのかな。



###


とはいえ、私は何回か
リクルートスーツ禁止の面接を受けた。



アパレル業界の面接だ。
(こうみえても被服学科卒業)

これは面白かった。
就職したいブランドに合わせて
面接を受ける服装を考えた。



私が受けた業種は
アパレル、不動産関連、金融機関しかなかったけど。
(衣食住とお金はこの世から無くならないと思って。
ただし、食はお客様でいたかった。。今、これに足すならITかな。)

不動産と金融はかなり真面目にリクルートスーツだった記憶。



業種によって服装を変えるほうが大変だから
リクルートスーツができたのかな。








エリッカーレでの採用面接時は
リクルートスーツ不要にしよう。

むしろ、
「営業時に着る勝負スーツや、セミナー開催時に着る勝負ワンピース」
指定とかにしようかな。

それはそれで大変なのかな(笑)





リクルートスーツ禁止の企業を受ける際、
何を着ていけばいいか迷ったら
エリッカーレへ。
お洋服の選び方、お伝えしております。


◇◇◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ご予約・お問合せは下記まで。

合同会社エリッカーレ 高橋 恵梨香
erika.hunny83@gmail.com

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇











人間関係、あまり悩んだことがない私。
よくよく考えてみると



ずっとお付き合いをしたいと思う人には
ホンネをしっかり伝えたり、
ただただ過ぎ去ってくれればいいと思う人は
離れるようにしている。




これは本当に悩みが少なくてよい。
ストレスフリーだ。




周りからみればスキキライの激しい人、
と映るだろうけど。
そんな私を好きでいてくれる人が
少数でもいてくれればよくて。

私のことをキライな人と
私も一緒にはいたくない。



そう、今まではコレが基準だった。
「私のことを好きでいてくれる人は好き。」
「私のことをキライな人は私もキライ。」




相手に合わせて
自分もスキキライをしていた。
(この判断センサーの精度はかなり高い)





###

ところが。。。



自分が起業をしたことによって
価値観が合わなくなってしまった人がいる。



最近は話をしていても前に物事が進められない人が苦手。



1mmでも進めば良い。
苦手にはならない。




止まっていることが
その人にとって何か良いことであるならば、それでもいい。

だけど、
夢や希望も持たず日々、不平不満を言う人とは離れたい。





自分のことをどう思われているか基準がなくなり
その人の考え方や行動での判断基準ができてきた。




これはスキキライ度が更に加速してしまうかもしれない。
困った。




人間関係には悩み事が無かったのに。。。
困ることになるとは思いもしなかった。





血液型B型、マイペース万歳ということで
お許しいただこう。






 

電車で座っていた私。
私の両隣が空いていて。 

若いカップルが前に来たから 
二人で並べるように
一つ席をずれた 。




なんと、二人とも
何も言わず(お辞儀もせず)
そのまま座ってイチャついていた。

むしろ男の子は微妙な顔すらしている。




と、すぐ次の駅で男の子が降りたではないか?!
もちろん、私には無言で。





えー!!席空けたのに
「 どうも」とかないの??
「一駅で降りるならそう言えばいいのに」
とかオバチャン的発想をしてしまった。。。




「今ドキの若者は・・・」と思う私がオバチャンなのか、
「大人なら挨拶くらいしたっていいのに」と思う私の心が狭いのか。




どちらにしても
私の器が小さい感じもするが

人への感謝は
常にしておいた方がいいよ。
とあの二人に言ってあげたい。




「ありがとう」の言葉は
たくさん言いすぎても余ることはないのだから。




 

カラーの師匠に言われた言葉。
パーソナルカラー診断で
12タイプ別の診断方法を習う講座、初回にて。
まだ師匠のパーソナリティが分かっていない時だったけれど。

かなり衝撃を受けた。
しかし最近、 納得することが多い。



私が強運だから、私の講座にでてくれている
みんなも強運よー!!!

私、強運な人しか引き寄せないの。
だから安心して前に進んで♪



このコトバを言える人、なかなかいない。  

とは言っても師匠、
スピリチュアルなことを仕事にしているわけでもないし
カラーのプロとして第一線で活躍中。



そして、本当に
自他ともに認める強運の持ち主。
(そして可愛い♡)




私も、割と、
自分だけのことで言えば
強運だと思っていたけれど、
引き寄せる人まで強運とは考えた事がなかった。




私は師匠のように
引き寄せる人も強運、までは言えないけれど
強運の人に引き寄せられる事が多いから
私も強運。



気持ちが沈む日があっても
その中で必ずラッキーと出会える。

ね?!
強運でしょ!




そんな風に思って
前に進んで行こう。




ツイてる♪ 効果も
パワーを増してきた。





強運の連鎖で
「繋がる、広がる・・・そして豊かになる」
実現させるぞー!!





 

現在PCS(プロフェッショナルコミュニケーションスキル)
トレーナーコースのスクーリングに通っている最中の私。
今日は、初級クラスのアドバイザーコースで
現在トレーナーコースに通っている立場としてスピーチをしてきた。




原稿もチェックしてもらって
練習もしっかりして。


「よかったよー」のお言葉を
先輩より戴けたのでまぁ、
ヨシとしておこう。




人前で話をする時、
「どれだけ準備をしたか」が
満足度につながる。


「聞いてくれる人達・自分」のどちらの満足度も。




今日の先生をしていた先輩も
私から見ればとても良い
セミナーだったが
本人曰く、準備が足りなかったようで。

「あぁすれば良かったな、こうだったらもっとよかったな」
と言っていた。




そこで私は
何が具体的に足りなかったのか聞いてみた。


そして、その先輩の準備の様子を少しだけ教えてもらった。




話す内容、時間などの準備は万端。
分単位でスケジュールを組んでいた。

ここまでは割とよくやる準備の仕方。




その先輩の「足りなかった準備」とは
「聞いてくれる人たちのプロファイリング」だった。




2日間講義のうち、今日は2日目。
前回、メンバーとは会っている。

だから、プロファイルができるはずだったのに
相手に合わせた言葉のチョイスがもう少しできたはずだった。
とのこと。



###


PCSでは
相手に合わせて、相手をお見立てして
期待以上のものを提供できるようになる。
そんなコミュニケーションスキルが身に付く。



相手に合わせた言葉選びをする。




これってすごく満足度が高くなる
セミナーになるに違いない。




私も精進しなくては!!!



カフェで女子2人トーク中。


世の中、オイシイ話って転がっているものなんだよ!
という話になり。。



知人の
「カフェ居抜き物件がとてもオトクだった話」をしていた。

このオイシイ話を自分事にできるかどうかは
チャンスをつかむかどうかの話にもなっていて。



「自分がこういうことしたいんだー」
「○○を探している」
という話をしなければ
オイシイ話はやってこない。


オイシイ話は掴み取るものだ。



###


そんな話をしていたら
ふと、その彼女が
「仕事探そうかなーと思っていて」と言った。



ちょうど、オイシイ求人の話をもっていた私。
良い待遇の事務仕事。
ただ、ガッツリ稼ぎたい人には向かない求人。

時間や待遇は
まさに彼女が求めていたものだったようで。



月曜日にその求人募集をしている
会社へ聞いてみることになったが
彼女はきっと、
良い待遇のお仕事をすることになるだろう。



そう、彼女は
オイシイ話を掴み取ったのだ。
恐るべし、強運の持ち主。




私も発信力を増やそう。
やりたいことは
たくさん、やりたい!と言おう。

そして、相手に臆せず聞いてみよう。



そこから道は開けるに違いない。







 

他の人のブログや本から得ることは、自分にアンテナがあるものだけ。



どんなに良い本、どんなに良い言葉、
文章、絵、写真、発信されているもの全て。



他の誰かが絶賛していても
自分の中にアンテナがなければスルーしてしまう。



逆に言えば、
SNSなどで公に向けて発信されていても
「自分に向けて言われていなくても」
気になっている事柄は
「自分に向けて言われた」と感じる。




人間、上手くできているもんだ。
自分都合で人生がまわる(笑)





今日の私のアンテナにひっかかったのはコレ。
 

離れる、という選択をする、

ということが苦手な人にはそれが、

チャレンジであり、成長であることがあります。

だから、それをやるために現れてくれているかもしれないしね。



「美人になる方法」ワタナベ薫さんオフィシャルブログ---イライラや、嫌なことは全部避けた方がいいのか?---より


仕事などで現状に甘んじる事無く
成長して行くために
「離れる」という選択。



離れるって、すごく勇気のいること。



つい最近、
仕事で一つ、離れる決断をして
先方には伝えてあるけれど。

「コレを離れたら、この分の稼ぎは無くなる!」
とかたくさん考えたけれど。
「チャレンジであり、成長であることがあります」
と言われたら
自分の選択も間違いではないのかな、と。
元気をもらえた。





仕事に限らず、人間関係も同じ。
しっかりと向き合った上での決断は大切。

…と、ワタナベ薫さんがおっしゃっております。
(向き合わないでヤミクモに排除は危険とも書いてありますよ!)





色々、向き合って、たくさん考えよう。














自分、まだまだ小さいな、と思った瞬間。


###

カフェで女子3人でお茶タイムでのこと。




注文をする時から
気にかかるヘンなおじさん。

明らかにクレーマーっぽい、
気難しそうなおじさん。
私がチラッと見たときも店員さんにクレーム中。

席に戻ったと思ったら
またこっち(レジ)に戻ってきて、注文待ちの私に向かって

「どけ。通るんだから、気配り・目配り!!!!!」と。




相手にもしたくないので
さっと避けて、その後無視した。




あーいう人を見ると可哀想になる。

そんな事でしか自分を表現できないんだな、
よっぽど、幸せな出来事が無くて心が歪んじゃったんだな、と。
(この時点で、私もだいぶ上から目線)

だから、コワイとかイライラするとかは無くて
ただただ、人生の中で関わりたくないな、と思うばかり。


###


そのクレーマーおじさんは、
何度か席を立ったりしていた。


そして、いきなり私達の席(だいぶ離れていた)まで来て


「そこのオバサン、あんただよ!あんた!!
こっち見て笑ってんじゃねーよ!!!!!おまえのことだよ!ふざけんな」

とコトバをはき捨てて自分の席に戻っていった。





まわりにいた見知らぬおばちゃん含めて
女子3人でポカーン。。。。


まぁ、コトバだけだったので
大きな揉め事にもならなかったが。。。。

こんなのは、ほっとくしかない。
と思う私。
関わりたくない極まりない。





ところが、一緒にいたお姉様の一人がこんな発言をした。



あーいう人を見てると笑っちゃうんだよねー!
「本当はイイ人なのに、舞台裏(本性)を見せたくないからって強がっちゃってー!」って 。

だから、舞台裏を見ようとしちゃってごめんねー!って思っちゃう。

 

お、お、大人だ。。。
大人過ぎる!!!!!

姐さん、ついていきます!!!!



###




まだまだ小さな私。
精進いたします。





 

「なんじゃそりゃ?!」





突拍子もなくすみません。




人はギャップに弱い。

ドキドキ効果があったり、
大爆笑したり、

割りと良い効果があるように思う。




今日は大爆笑のお話。


###


第一印象はクールビューティな彼女。
私よりだいぶ年下なのに芯があって、しっかり者。

エステティシャンということもあり
お肌ツルツルの美人さん。



最近その彼女のギャップにドキドキ。



今までは標準語(東京弁)でしゃべっていたけれど。
京都が出身ということもあり
「京都弁でしゃべったら?」というのをきっかけに
本性が出始めた(笑)



クールビューティの彼女から出た今日の発言。

「なんじゃそりゃーーー?!」(絶叫系で。)

その後は京都弁まじりで弾丸トーク。
はっちゃけ具合に大爆笑。






あれ?!
クールビューティは???


どこかに置いてきた模様。。。。


クールビューティの時もキレイだったけれど
今の彼女の方が人間味があって可愛い。




こんなギャップ、男の人は萌えるんだろうなぁ。
とはいえ彼女は新婚さん。今月末に結婚式。
おめでとう!



そして、大爆笑タイムをくれてありがとう。
おかげで、ほっぺとお腹は痛くなりました。



###



仮面をかぶっている人よりも
自分をしっかり出している人の方が一緒にいて心地よい。


私もそうありたいな。





 

↑このページのトップヘ