エリッカーレ社長 高橋恵梨香のblog

    「繋がる、広がる…そして豊かになる」をコンセプトとして立ち上がった 合同会社ericcare(エリッカーレ)社長 髙橋恵梨香のブログ。               想い、日々の徒然、ericcareでの出来事… 普通のOLから社長になった女性の頭の中を覗いてみませんか。

「繋がる、広がる…そして豊かになる」想いは2つ。
・人と人が繋がって、輪(和)が広がり、心が豊かになる。
・自信に繋がって、可能性がひろがり、豊かな発想を得る。

つぶやき

今日、タイトルの言葉をいただきました。





まだまだ成功していない私にとっては
不安でしかない毎日を送っているので

「失敗は成功への道のスタート」

コレってホントに??

となります。


でもね、私も1つ、
それをしっかり経験してる。
そう思えました。


少しだけど、そんなエピソードを。

###


やっとの、想いで
オーダーパンプスの販売を開始しましたが
始める前、
イメージコンサルタントだった私には
靴屋さん・靴職人なとなど
本当に、靴に携わる人のツテはありませんでした。




でも、今、こうやって販売できるようになりました。
まだ、商売として成功はしていないけれど
ゼロから0.1へと前に進みました。





言ってしまえば、
運とツキと人に支えられてできたことなので
自分の力があるとは一つも思ってません。




ただ、靴が作りたい。
ただ、パンプスをつくりたい。
ただ、痛くないハイヒールを他の女性にも体感してほしい。

その想いしか持っていませんでした。






・・・ずっと、会う人会う人に喋っていました。
「靴を作ってくれそうな所ない??」と。





少しでも靴に近づくために
全く関係のない職業の人ともたくさんお会いしました。



結果、今のお取引先になってくださっている方もいらっしゃいます。





しかし、
その後のお話が続かない方も
もちろん山のようにいらっしゃいます。

※お仕事のお取引をしていないだけで
応援していただける方はたくさん増えています。




この、一つ一つの失敗があったおかげで
今、販売ができるまでになりました。




そんな中でも、

「靴はリスクが高いから手を出さないほうがいいよ」

「靴業界の職人さんが素人のお姉ちゃんを相手にするわけないじゃない」

たくさんの言葉をいただきました。






でも、諦めずにいたら、
ちゃんと現れてくれたんです。








###


諦めずにいること。
場から逃げずに居ること。



これしか、成功はないんだな、
と思います。



私、諦めないよ。

エリッカーレが
一人でも多くの人を還元するから!



持っている想いだけは一人前になりました(笑)





***--セミナー開催情報--***

<もう痛くない!パンプスの選び方セミナー>
9月28日(木)18:30~ 赤羽にて。

ハイヒールのパンプスで痛い思いをしているあなたへ。
ちゃんとハイヒールを選べばいたくなくなりますよ!

詳細↓
https://www.facebook.com/events/1380427128741858/


*************

◇◇◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ご予約・お問合せは下記まで。

合同会社エリッカーレ
高橋 恵梨香
http://ericcare.co.jp/contact

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇






「自分に合うものを知る」



洋服、靴、髪型、色、形、人づきあい、コミュニティ、家。
様々な「 自分に合うもの」は心地よい空間を作ってくれる。



合うものとは
・痛い経験が、もうこうはなりたくない!と改善から見つかるのかもしれない。
・人を羨ましく思って、あぁなりたい!という欲求から見つかるのかもしれない。
・素直に楽しくて、ずっとその場に居たいという想いから見つかるのかもしれない。


どんなことがキッカケだとしても
「合うものを知る」と合わないものを諦めたり、排除するのが人間。
時には合わない事を楽しむ余裕も必要だと思うけれど。




「合うもの」は心地いい。
そして、その心地よさは人を前向きにしてくれる。


そして、その心地よさは
「自分に自信を持つ」ことに繋がる。

「ときめくもの」でなければ買わない。
これは常に心がけておきたい。





でも、ときめく基準をもっていなければ
ときめかないかもしれない。




自分にとってときめくものは何か。
知ることから全ては始まる。







弊社の会社理念でもある
「繋がる・・・広がる・・・そして豊かになる」
には
自信につながって、可能性がひろがり、豊かな発想を得る。
という意味もこめている。 




私は「その人に合う色と素材と形」をお伝えして
似合う洋服をご提案しているが、
洋服だけ合うものを知っていればいいかというと
それだけでは足りない。

靴もそう。
足長だけで靴を買って、痛いという。
本当に大切なのは足囲と足幅。
足長とワイズが合ってこそ、痛くなくなる。
だからこそ、自分のサイズを知ることは大切。



やはり、持ち物、食べ物、人付き合い、環境、
自分に合うものは全てのものに関わる。





人も、一緒にいて心地いい人はどんな人か。
何を食べると身体は喜ぶのか。
どんな香りにつつまれると幸せになれるのか。




自分に「合うもの」
数多く発見していきたい。





洋服・靴の「合う」を知りたい方は
エリッカーレまで。
きっと、人生観が変わるお手伝いができますよ。












これを知っているのと、
知らないでなんとなく選んだもので囲まれているのは 
人生においてどれくらいの心地よさ 度合が違うのだろうか。


一度きりの人生、これからは
心地よいものだけを選んでいきたい。







***--セミナー開催情報--***

<もう痛くない!パンプスの選び方セミナー>
9月28日(木)18:30~ 赤羽にて。

ハイヒールのパンプスで痛い思いをしているあなたへ。
ちゃんとハイヒールを選べばいたくなくなりますよ!

詳細↓
https://www.facebook.com/events/1380427128741858/


*************
◇◇◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ご予約・お問合せは下記まで。

合同会社エリッカーレ
高橋 恵梨香
http://ericcare.co.jp/contact

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇





 

今日、本当に焦った。

母が事故った、と。
結果、無事だったから良かったものの
生きたここちがしなかった。






メイクレッスンを受け終えて
かなりド派手なメイクで帰路の電車中、
実家と母から着信が何度も。



こりゃー、ただ事じゃない!と
折り返すも母は出ず。
実家に電話したら
父が「ママが事故った」と。



えーーー!大丈夫なの?無事なの?
どうなの???
ってなっているのに、
父は「電話聞こえないからまたかけて」
って。
こっちは聞こえてるよぉ(+_+)




場所を少し変えても
実家には電話繋がらず、
母にも繋がらない。



とりあえず、
私の会社の方に向かうか実家に向かうか。
電車に乗るしかない!!
幸い、どちらも同じ方向だったので
電車に飛び乗った。


私もパニックだ。




電車は座れないくらいの込みよう。
電話はできない。




とりあえず、母にメール。
無事かどうか。




10分くらい電車に乗って
母からの返信。
実家にきて、と。





あー、よかった、
母は生きてるよ。






いや、でも相手方は??
ケガとかは???
今は病院??警察??
どこにいるの???



そんなことが分からない状態での電車
は本当に長くて。
生きたここちがしなかった。





会社の最寄り駅で
とりあえず連絡するも
父も母も連絡つかず。



まだ私もパニック。




とりあえず、
会社から実家に向かう。


その途中でやっと
母からの電話。

母の無傷と相手方の無傷を聞く。
よかったー、と心の底から思った。





わずか一時間弱の間だったけど
本当に長い時間で。
色んなことをたくさん考えた。





実家について愛犬のお世話している間に
母が帰宅。


それから2時間後くらいに
相手方(小学一年生の男の子)のお父様から
病院での検査でも無事だったと
ご報告いただいた。





本当によかった。



***


事故は
母の車に小学生が後方から突進してきて、
起きた模様。
母はゴンという音を聞いて
瞬間、男の子が倒れたのを見て
そこから事故!!!と分かったらしい。


慌てて母が車の外にでたら
女の人が
「私が見てたの証言するから大丈夫!」と背中をさすってくれ、
もう一人の男の人は、警察・救急車に連絡してくれ、ほかの人たちも男の子の保護など
その場にいた人がみんな助けてくれたみたい。




そういう風に、
事故現場を目の当たりにした時
私にはそういうことが出来るかと自分に問うてみても
出来るかは分からない。


でも、みんなが助けてくれた。
日本人って優しいな。
娘として感謝してもしきれない。


母を助けてくれて
男の子を助けてくれてありがとうございます。



結局、警察からも
人身事故ではなく
物損事故扱いとされ、
幸いにもけが人なくコトが終わった。






***


この事故をきっかけに
今日はたくさんのことを考えた。





家族が無事かとか相手方の無事とか
そういうことはあたりまえに考えたが、



思いの外
両親は年をとっているんだな、ということを感じたり、
家業のことを考えたり、
人生の一片としてこれからどうしなければならないか、と考えたり。





もちろん、答えなんて出ないけれど
人生、何が起きるか分からない以上
今を全力で生きて
将来を見据えなければならないな、と考えたり。





人の人生には終わりがくる、
頭ではわかっても、心で分かっていないかもしれない。




近隣の国からミサイルが飛んでくるかもしれない。
交通事故に遭うかもしれない。
ゲリラ豪雨で川が決壊するかもしれない。

数えればキリがないほど
人生の終わりを告げられる瞬間は
たくさんある。



でも、そんなことないでしょ〜!
と後悔しても遅いかもしれない。





一日一日を大切に生きていこう、と
決意した日でした。







今日のエリッカーレミーティング。


ついに女性起業家サポート部門も動き出しますよー!!
ご期待ください。



###

ミーティング中、
その中の一人で個人事業主の方が
仕事人生の中で大きな決断をしたことを
教えてくれた。


ずっと悩んでいたけれど
それをやっていると身体の調子が悪くなったり
プレッシャーや規定が多く
自由に動けなかったりしていたコト。

でも、お世話にはなっているし
自分の仕事に大きなプラスをもたらしてくれた事も事実。

今までは「感謝をしすぎて辞めれない」
ということだったが・・・

「辞めることにした!!」と
清々しい顔で教えてくれた。



まだ正式に決まった訳ではないけれど
早々に教えてくれたこと、素直に嬉しかった。



自分の中で決めただけで
仕事の流れが一気に変わったという。




きっと、今まで色んな方向からの抑圧があって
自由に動けなかった彼女が
やっと自由を手に入れたようだ。




大きなものを失っても
それ以上のものが入ってくる。

人のキャパはある程度決まっている。


何を選んで、何を選ばないのか。
すごく大事なんだなぁ。




そんなことを教えてもらった。






 

ウエイトコントロールも仕事のうち
と言われることもあるけれど。
正直、できない。・・・・ことが多い。



食べ物の誘惑には勝てない。
運動もそんなに熱心なほうではない。
ストレス発散程度。
(ストレスがあまりたまらないから発散頻度も少ない←)




そんな私ではあるが
6/5のP.C.Sセミナーに向けて
ダイエットを少々やろうかと。



いつもの食材にあるものを加えて食べるだけ。



そう、
「 乾物をヨーグルトで戻したもの 」を食べるだけ。
朝・昼・夜、いつ食べてもいいけれど
どれかの食事に
乾物ヨーグルトを足さなければならない。


これによって、腸内環境がよくなるそうな。
テレビ、試してガッテンでやっていた。




運動必須、食事制限のダイエットではない。




とても簡単。
身体にも良い効果が現れるといいな。




###

P.C.Sセミナーでトレーナーが
舞台に上がるのは初めてらしい。

まだ少しならばお席確保も可能とのこと。

興味ある方は
私までご連絡ください♪

3周年参加とご記入の上、
お名前、ご参加人数、ご連絡先(日中つながるお電話番号)を。



事実と実績に基づいた、
みなさまの今後へ具体的にお役立ていただける
最新の施策とアイデア情報満載でお届けする2時間30分。

となっている。




お楽しみに♪





勝手にアップグレードしました。
気が付いた時にはすでにアップデートしはじめ、 時遅し。



勝手にって、とても不愉快。 。



しかも、アップデートしたことにより
インターネット不具合発生。

何が
「分からないことはcortanaに聞いてみて!」だ。


ネット繋げてくれ!って思ってた。
だから、スマホでGoogle先生にお世話になった。

PCの意味は???



もう勘弁してほしかった。




###


最近は少なくなってきたけれど
名刺交換しただけで メルマガ送ってきたり。
商品買ったらメルマガ送ってきたり。



これも勝手に効果があると思うんだけどなー。


特に、名刺交換だけでの
メルマガ発信。
ほんと、やめて欲しい。

だって、知っている人だと
解除したいって言えないじゃん。



なんて。




自ら登録して送られてくるメルマガは 楽しみなのに。





それを考えると、メルマガは怖くて手を出せない。
よく経営コンサルの人はオススメするようだけど。

ハコを作るのはいい。


送付先の相手に確認をとって
(もしくは、登録をしてもらって)
送るのもいい。



ただ、「勝手に」がダメなだけ。
たちが悪いことに気が付いてー!!



相手に寄り添わないと
どんどん離れていっちゃうよ。

お客様なんてそんなものだよ。





と、自分に戒めを。







Windows10、勝手にならないよう
ご注意くださいね。





 

みなさん、こんにちは!

今日も愛があふれる日でした!!
笑顔でいることができることに感謝をして
世界の平和を祈りましょう!!



・・・(ちょっと違うけれど。)

こんなのは宗教か!!
愛がなんだ。
そんなの現実みたら
笑えないほど苦しんでるやつだっていっぱいいる。

笑顔がなんだ。
苦しんでるヤツからすれば
どうでもいいことだ。 


というブログ記事を読んだ。
(内容だけ、という解釈で。文章は違います)



確かに、どうでもいいかもしれないけれど。

私はこれを読んで
ちょっと反発したくなった。




苦しい時こそ、
笑った方がいいんじゃない?!

ヘラヘラするのは良くないけれど。

笑顔ではない人の近くには寄っていきたくない。
人が集まったほうがいいと思っている私は
できるだけ元気で笑顔でいたい。

特に気合を入れて何かをしたい時は。


###

普段からそう思っている私は
今度、とある面接の対処方法のアドバイスをもらった時に
少し悲しい思いをした。

一通り話を終えて最後に
「…では、笑顔で頑張ってきます!!!」
と言ったら。

「いや、笑顔じゃない方がいいかも」と。

面接官が
固いおじいちゃんの可能性が高いから、
男の人と同じ質問をされても
「ホントにできんの?!」と
ナメラレル可能性がある。

できるだけ真面目にいったほうがいい。

相手を見極めて
ポップな人が来たら
ちょっと笑うくらいでいい。と。


まだまだ女性に対して
偏見があるんだなーって。
そのアドバイスをくれた人は
そんなことは無いんだけれど。

おじいちゃん世代には通用しないんだなーと
思ったら悲しくなった。


###


そりゃ、人間だから
悲しい顔もするし
泣くときもあるし
せつない時もある。
弱気になる時もある。

でもさ、それをデフォルトにしたら
いつもそうだったら

一緒にいてくれる人を笑顔にできない。
そして、私まで伝線して笑顔でいられなくなる。



たまに見せるギャップがあるから
人間らしさがでるんじゃない?!



デフォルトは
笑顔で明るい方がいい。
絶対、その方がいい!!



そこだけは反論したい。







 

【本】イメージコンサルタントとしての歩み / 著:谷澤史子


題名に魅かれて思わず手に取った本。
谷澤史子さんを知らないので
なんとも言えないが、
イメージコンサルタントというか、 経営者としてというか、
どっちつかずな本だった。


イメージコンサルタントとしての苦労した話・
経営者として苦労した話、
どちらかだったら面白かったんだと思う。


読書メーターの感想では
「イメージコンサルタントの仕事」が
経営コンサルタントともとれるような感想があって、
なお残念に。



ノウハウ本をたくさん書かれているようだったが
イメージコンサルタントとしてのノウハウ、
経営者として思う事 、
ぐちゃぐちゃな本で最後の終わり方も
「えーっ、それで終わり?!」
という締めくくり方だった。




 一番最初の章はよかったけれど。
イメージコンサルタントとして立ち上げた時の
苦労された話がある。




本は1文でも感銘できるところがあれば
読んだ方がいいというが
これは初めの1章でいい。




ちょっと辛口な今日のブログでした。




読んだのは、コレ。






 

会社の近くのお弁当屋さん。

15時くらいにお弁当を買いにいったら、
入り口のところで
おじいちゃんが座ってた!


そろーり、扉を開けて
「まだやっていますか?」と尋ねてみると

「うん、そろそろ始めようかと思ってたところだよ~」と
なんとものんびりお迎えしてくれた。



厨房に入り、
「何にする??」と。


注文をすると、
「これから作るから座って待っててくださーい。」と。



そこから、お弁当を作りながらの
なんとも面白い会話が繰り広げられた。
※以下、おじいちゃんの発言はカギカッコ「」、私はハイフン-で
お届けします。




「お姉さん、色白いのに帽子かぶってなくていいの?」
「キレイだから焼けちゃ大変でしょー」


私は謙遜しつつも、
ガンガン攻めてくるおじーちゃん。



「お昼??遅くなっちゃったねー。」
-そうなんですよー。

「仕事は何してるの??」
-似合うお洋服をご提案してますー!

「オリジナルなんだー」
「結婚はしてるの??」
-はい。してますー!

「お姉さん、キレイだからオトコたくさんいるんでしょ。」
-そんな、モテないですからー。(タジタジ。。。)


「たくさんのオトコを見ておくと、結婚のときには失敗しないんだよ。
お姉さんのダンナさんが羨ましいねぇ」
-(どう返せばいいんだ?!)

「若いときにたくさん遊んでるほうがいいんだよ。」
-(ん?!私、遊んでることになってる??)


「日本人は愛情表現をあまりしないからねー。
アメリカもすごいけど、ブラジルの方がもっとすごいんだってよぉ。」
-そうかもしれないですねぇ。


「オレみたいな昭和ヒトケタ代の生まれは、若い頃、遊ぶのもなーんもなかったからなぁ。」
「テレビも白黒さえ無かったんだよ」
-(やっぱり、私、遊んでいたことになってる!!やり過ごそう。。。)





「はい、のりから明太、できたよー!」
-(天の声!!いや、同じ声!!)




お会計を済まし。



「長い世間話に付き合わせちゃって悪かったねぇ。また来てね」
-はーい。また、来まーす!
(やり過ごせたかな。。)




###

おじいちゃん、途中でガンガン攻めてきたのに
最後はしっかりリピート獲得営業!!


すごい。



なんか、すごい。



会話の文字だけみると、相当アヤシイのに、
ずっと笑顔で私が飽きないように
しゃべってくれてた。




すごい。
普通にリピートしちゃうな。


面白いけれど、好きキライは分かれるかも。



私もまだまだ修行が足りないようです。。





半径5メートルの野望/著:はあちゅう

を読んでみた。


今いる日常を半径5メートルとして
その中で行動をする。
いや、行動をどんどんする。

と言ったらいいのか。



半径5メートルを輝いて行動しまくれば
半径5メートルの外へも出られる。

結局は毎日の積み重ねが大切で。



自分はデキル!!と思っていれば
デキル自分になれるし

自分はデキナイ。。と思っていれば
デキナイ自分になる。



実際に、はあちゅうさんを見ていると
行動力と瞬発力は半端ない。

ちゅうつねカレッジもわずか1日で作ってしまったし
他のオンライサロンも
あっっという間に出来ている。

努力の人だと思う。
でもそれを楽しんでいるようにしているのは
さすが。


本の中のフレーズで好きなものをいくつか。


・自分の人生の手綱は自分で握っていたい

・小さな夢をかなえるクセがつくと、大きな夢をかなえるクセがつく

・覚悟というのは運を運んできてくれる

・運は本気と仲良し

・今を変えられる力のない人が、未来を変えられるわけがない


ゴールをしっかり決めて
そこに向かって人生を歩んでいきたい。

ガムシャラにやっても大変だしね。





 

↑このページのトップヘ