エリッカーレ社長 高橋恵梨香のblog

    「繋がる、広がる…そして豊かになる」をコンセプトとして立ち上がった 合同会社ericcare(エリッカーレ)社長 髙橋恵梨香のブログ。               想い、日々の徒然、ericcareでの出来事… 普通のOLから社長になった女性の頭の中を覗いてみませんか。

「繋がる、広がる…そして豊かになる」想いは2つ。
・人と人が繋がって、輪(和)が広がり、心が豊かになる。
・自信に繋がって、可能性がひろがり、豊かな発想を得る。

つぶやき

今日のエリッカーレミーティング。


ついに女性起業家サポート部門も動き出しますよー!!
ご期待ください。



###

ミーティング中、
その中の一人で個人事業主の方が
仕事人生の中で大きな決断をしたことを
教えてくれた。


ずっと悩んでいたけれど
それをやっていると身体の調子が悪くなったり
プレッシャーや規定が多く
自由に動けなかったりしていたコト。

でも、お世話にはなっているし
自分の仕事に大きなプラスをもたらしてくれた事も事実。

今までは「感謝をしすぎて辞めれない」
ということだったが・・・

「辞めることにした!!」と
清々しい顔で教えてくれた。



まだ正式に決まった訳ではないけれど
早々に教えてくれたこと、素直に嬉しかった。



自分の中で決めただけで
仕事の流れが一気に変わったという。




きっと、今まで色んな方向からの抑圧があって
自由に動けなかった彼女が
やっと自由を手に入れたようだ。




大きなものを失っても
それ以上のものが入ってくる。

人のキャパはある程度決まっている。


何を選んで、何を選ばないのか。
すごく大事なんだなぁ。




そんなことを教えてもらった。






 

ウエイトコントロールも仕事のうち
と言われることもあるけれど。
正直、できない。・・・・ことが多い。



食べ物の誘惑には勝てない。
運動もそんなに熱心なほうではない。
ストレス発散程度。
(ストレスがあまりたまらないから発散頻度も少ない←)




そんな私ではあるが
6/5のP.C.Sセミナーに向けて
ダイエットを少々やろうかと。



いつもの食材にあるものを加えて食べるだけ。



そう、
「 乾物をヨーグルトで戻したもの 」を食べるだけ。
朝・昼・夜、いつ食べてもいいけれど
どれかの食事に
乾物ヨーグルトを足さなければならない。


これによって、腸内環境がよくなるそうな。
テレビ、試してガッテンでやっていた。




運動必須、食事制限のダイエットではない。




とても簡単。
身体にも良い効果が現れるといいな。




###

P.C.Sセミナーでトレーナーが
舞台に上がるのは初めてらしい。

まだ少しならばお席確保も可能とのこと。

興味ある方は
私までご連絡ください♪

3周年参加とご記入の上、
お名前、ご参加人数、ご連絡先(日中つながるお電話番号)を。



事実と実績に基づいた、
みなさまの今後へ具体的にお役立ていただける
最新の施策とアイデア情報満載でお届けする2時間30分。

となっている。




お楽しみに♪





勝手にアップグレードしました。
気が付いた時にはすでにアップデートしはじめ、 時遅し。



勝手にって、とても不愉快。 。



しかも、アップデートしたことにより
インターネット不具合発生。

何が
「分からないことはcortanaに聞いてみて!」だ。


ネット繋げてくれ!って思ってた。
だから、スマホでGoogle先生にお世話になった。

PCの意味は???



もう勘弁してほしかった。




###


最近は少なくなってきたけれど
名刺交換しただけで メルマガ送ってきたり。
商品買ったらメルマガ送ってきたり。



これも勝手に効果があると思うんだけどなー。


特に、名刺交換だけでの
メルマガ発信。
ほんと、やめて欲しい。

だって、知っている人だと
解除したいって言えないじゃん。



なんて。




自ら登録して送られてくるメルマガは 楽しみなのに。





それを考えると、メルマガは怖くて手を出せない。
よく経営コンサルの人はオススメするようだけど。

ハコを作るのはいい。


送付先の相手に確認をとって
(もしくは、登録をしてもらって)
送るのもいい。



ただ、「勝手に」がダメなだけ。
たちが悪いことに気が付いてー!!



相手に寄り添わないと
どんどん離れていっちゃうよ。

お客様なんてそんなものだよ。





と、自分に戒めを。







Windows10、勝手にならないよう
ご注意くださいね。





 

みなさん、こんにちは!

今日も愛があふれる日でした!!
笑顔でいることができることに感謝をして
世界の平和を祈りましょう!!



・・・(ちょっと違うけれど。)

こんなのは宗教か!!
愛がなんだ。
そんなの現実みたら
笑えないほど苦しんでるやつだっていっぱいいる。

笑顔がなんだ。
苦しんでるヤツからすれば
どうでもいいことだ。 


というブログ記事を読んだ。
(内容だけ、という解釈で。文章は違います)



確かに、どうでもいいかもしれないけれど。

私はこれを読んで
ちょっと反発したくなった。




苦しい時こそ、
笑った方がいいんじゃない?!

ヘラヘラするのは良くないけれど。

笑顔ではない人の近くには寄っていきたくない。
人が集まったほうがいいと思っている私は
できるだけ元気で笑顔でいたい。

特に気合を入れて何かをしたい時は。


###

普段からそう思っている私は
今度、とある面接の対処方法のアドバイスをもらった時に
少し悲しい思いをした。

一通り話を終えて最後に
「…では、笑顔で頑張ってきます!!!」
と言ったら。

「いや、笑顔じゃない方がいいかも」と。

面接官が
固いおじいちゃんの可能性が高いから、
男の人と同じ質問をされても
「ホントにできんの?!」と
ナメラレル可能性がある。

できるだけ真面目にいったほうがいい。

相手を見極めて
ポップな人が来たら
ちょっと笑うくらいでいい。と。


まだまだ女性に対して
偏見があるんだなーって。
そのアドバイスをくれた人は
そんなことは無いんだけれど。

おじいちゃん世代には通用しないんだなーと
思ったら悲しくなった。


###


そりゃ、人間だから
悲しい顔もするし
泣くときもあるし
せつない時もある。
弱気になる時もある。

でもさ、それをデフォルトにしたら
いつもそうだったら

一緒にいてくれる人を笑顔にできない。
そして、私まで伝線して笑顔でいられなくなる。



たまに見せるギャップがあるから
人間らしさがでるんじゃない?!



デフォルトは
笑顔で明るい方がいい。
絶対、その方がいい!!



そこだけは反論したい。







 

【本】イメージコンサルタントとしての歩み / 著:谷澤史子


題名に魅かれて思わず手に取った本。
谷澤史子さんを知らないので
なんとも言えないが、
イメージコンサルタントというか、 経営者としてというか、
どっちつかずな本だった。


イメージコンサルタントとしての苦労した話・
経営者として苦労した話、
どちらかだったら面白かったんだと思う。


読書メーターの感想では
「イメージコンサルタントの仕事」が
経営コンサルタントともとれるような感想があって、
なお残念に。



ノウハウ本をたくさん書かれているようだったが
イメージコンサルタントとしてのノウハウ、
経営者として思う事 、
ぐちゃぐちゃな本で最後の終わり方も
「えーっ、それで終わり?!」
という締めくくり方だった。




 一番最初の章はよかったけれど。
イメージコンサルタントとして立ち上げた時の
苦労された話がある。




本は1文でも感銘できるところがあれば
読んだ方がいいというが
これは初めの1章でいい。




ちょっと辛口な今日のブログでした。




読んだのは、コレ。






 

会社の近くのお弁当屋さん。

15時くらいにお弁当を買いにいったら、
入り口のところで
おじいちゃんが座ってた!


そろーり、扉を開けて
「まだやっていますか?」と尋ねてみると

「うん、そろそろ始めようかと思ってたところだよ~」と
なんとものんびりお迎えしてくれた。



厨房に入り、
「何にする??」と。


注文をすると、
「これから作るから座って待っててくださーい。」と。



そこから、お弁当を作りながらの
なんとも面白い会話が繰り広げられた。
※以下、おじいちゃんの発言はカギカッコ「」、私はハイフン-で
お届けします。




「お姉さん、色白いのに帽子かぶってなくていいの?」
「キレイだから焼けちゃ大変でしょー」


私は謙遜しつつも、
ガンガン攻めてくるおじーちゃん。



「お昼??遅くなっちゃったねー。」
-そうなんですよー。

「仕事は何してるの??」
-似合うお洋服をご提案してますー!

「オリジナルなんだー」
「結婚はしてるの??」
-はい。してますー!

「お姉さん、キレイだからオトコたくさんいるんでしょ。」
-そんな、モテないですからー。(タジタジ。。。)


「たくさんのオトコを見ておくと、結婚のときには失敗しないんだよ。
お姉さんのダンナさんが羨ましいねぇ」
-(どう返せばいいんだ?!)

「若いときにたくさん遊んでるほうがいいんだよ。」
-(ん?!私、遊んでることになってる??)


「日本人は愛情表現をあまりしないからねー。
アメリカもすごいけど、ブラジルの方がもっとすごいんだってよぉ。」
-そうかもしれないですねぇ。


「オレみたいな昭和ヒトケタ代の生まれは、若い頃、遊ぶのもなーんもなかったからなぁ。」
「テレビも白黒さえ無かったんだよ」
-(やっぱり、私、遊んでいたことになってる!!やり過ごそう。。。)





「はい、のりから明太、できたよー!」
-(天の声!!いや、同じ声!!)




お会計を済まし。



「長い世間話に付き合わせちゃって悪かったねぇ。また来てね」
-はーい。また、来まーす!
(やり過ごせたかな。。)




###

おじいちゃん、途中でガンガン攻めてきたのに
最後はしっかりリピート獲得営業!!


すごい。



なんか、すごい。



会話の文字だけみると、相当アヤシイのに、
ずっと笑顔で私が飽きないように
しゃべってくれてた。




すごい。
普通にリピートしちゃうな。


面白いけれど、好きキライは分かれるかも。



私もまだまだ修行が足りないようです。。





半径5メートルの野望/著:はあちゅう

を読んでみた。


今いる日常を半径5メートルとして
その中で行動をする。
いや、行動をどんどんする。

と言ったらいいのか。



半径5メートルを輝いて行動しまくれば
半径5メートルの外へも出られる。

結局は毎日の積み重ねが大切で。



自分はデキル!!と思っていれば
デキル自分になれるし

自分はデキナイ。。と思っていれば
デキナイ自分になる。



実際に、はあちゅうさんを見ていると
行動力と瞬発力は半端ない。

ちゅうつねカレッジもわずか1日で作ってしまったし
他のオンライサロンも
あっっという間に出来ている。

努力の人だと思う。
でもそれを楽しんでいるようにしているのは
さすが。


本の中のフレーズで好きなものをいくつか。


・自分の人生の手綱は自分で握っていたい

・小さな夢をかなえるクセがつくと、大きな夢をかなえるクセがつく

・覚悟というのは運を運んできてくれる

・運は本気と仲良し

・今を変えられる力のない人が、未来を変えられるわけがない


ゴールをしっかり決めて
そこに向かって人生を歩んでいきたい。

ガムシャラにやっても大変だしね。





 

街のお花屋さん。
よく駅前にあったり、病院やお墓の近くにあったり。 

しかし、母と共に長くお世話になっているお花屋さんは違う。



住宅地のど真ん中にあり、
駅と駅の間にあってお世辞にも駅近とはいえず、
駐車場はなく、
大きなショッピングモールなんてない。
病院が近いわけでもなく
お墓が近いかは不明。
(一応、地元。) 

こんなに立地が悪そうなところで(失礼)
営業をしているのに
10年くらい前には隣の店舗が空いたのをキッカケに
増床してしまうほどの大繁盛店。



###

昨日、母の日のプレゼントを買いに
久しぶりに行った。 


母はよく行っているようだけれど
(家のお花から、お墓参りの時まで、お花はすべてココで買っている母)
車で10分かかるくらいの場所まで行くほど。


だからか、私がお店にいくと
「お母さんは?」とか、「母うえは?」とか
「今日は一緒じゃないの?」と聞かれる。
(いつも聞き方が面白い)




なんでそんなに繁盛しているのか???



いつも気になってしまう。
昨日もしっかり観察。



###


まず、
店長は人を喜ばせるのが上手。


最近は特に、母の日しか利用しないのに
私にも(昨日は母の分まで)オマケをつけてくれる。

今回はラベンダー。

そのオマケのラベンダーの育て方を
サラリと教えてくれる。
(ラベンダーはお日様サンサンが喜ぶ、らしい)
そういうのって嬉しい。





そして、
絶大なる信頼感がある。

今回もそうだが、義理のお母さんにもお花を贈ることに。
(宅急便で発送をお願いした)

通常なら、その場にある商品かカタログなどを見て
コレがいい!!と決定するはず。

しかし、店長からは
「土曜日まで、まだ商品がたくさん入荷するから
その入ってきた中でイイものを送るから
任せてもらってもいい?」
という言葉。

「もちろん!!」と一つ返事。

「お庭ある??あるなら、植え替えできるような種類の花を送るね!」と。


これって、信頼していなければできないし、
自分を信頼してくれていると分かっている証拠。





ちなみに、このお花屋さんに
私の結婚式のブーケを作ってもらった。
結婚式場でセットになっているお花以外、
自分で選べるオプション扱いのお花は
全てこのお花屋さんにお願いした。

二人の母親へのお花も
ブーケトス用のお花も。

それもほぼ、お任せ状態だったな(笑)
カラードレスの写真を渡して
コレに似合うのお願いします!!って。

そうしたら、こちらが思っていた以上の
お花を用意してくれた。
結婚式の当日、私の実家までお花を届けてくれたのだが
その時点で母が泣いてしまうほどのお花だった。






この、「期待以上」というのが上手。





長く、繁盛し続けるのはとても大変なこと。
しかし、秘訣も必ずあるはず。



良いところをたくさん真似して
私もお客様に喜んでもらおう。







 

みなさん、こんにちは!!!



ブログの出だしでお決まりの挨拶をするのも
ちょっと面倒くさいな、と思ってはいるが。。



実際に人と会った時
挨拶をないがしろにする人に久しぶりに出会った。




独立してから会う人ほとんど
挨拶はしっかりしていて。
それが当たり前になっていたし
自分も無条件で反応するようになっていた。

そして、私自身も笑顔でご挨拶。
これは心がけていること。



だららか、余計に目立った
挨拶をないがしろにする人。




何かをやりながら
こちらを向かずに、会話をする人を久しぶりに見た。

正直なことを言うと、
その人の印象はとても悪くなった。
それまではそんな風に思ってもいなかったけれど。



もちろん、忙しいのは分かるし
そんなに長話をしようなんて思わないけれど。
誰かを確認するくらいの顔を上げてもいいんじゃない?!



印象って悪くなると
良い印象に戻すまで大変だよ!


特に第一印象でいうなら
・7~8回会って、話をする。
・連続で2~3時間話をする。
をしないと印象が悪いことを挽回できないよ!!

しかも、挨拶をないがしろにしたその人は
初めましての人ではないから
さらに挽回は大変。



###

会社ではやりがちな
「PC作業をしながらの会話」
実はあまりいい評価はされていない。

実際にこんな意見を聞いたことがある。
「後輩が何かを聞いた時に 、あいつはきちんと目を見て対応をしている。
そういうやつって、信頼できるよな」と。

そういうものだ。



挨拶だけで信用をなくすなんて
もったいない。

毎日元気にご挨拶。
タダでできる良い営業ツール。

大切にしていきたい。





 

長財布が欲しい。
高級感があって、社長っぽくみえるやつ。
そして使いやすく、手になじむ革。
いいなー。。。


と、ネットで下調べをしていたら
ちょうど好みのものを発見。
しかし、色がワインレッド。


お財布の赤は赤字を連想させるから良くない
ということを思っていた私は
「”赤字”以外によくないことがあるのか」と気になった。

色彩心理で言えば、
情熱の赤。勝負の赤。
わりと良い意味で使われる赤。


自分が欲しいと思ったのをきっかけに
財布の色にまつわる風水のサイトを見てみた。 




そうしたら、意外に赤も捨てたものではなさそうで。
しかも、赤とワインレッドは風水上は別ものらしい。



しかも、ワインレッドは
「金運を生み出すパワーが強い」
らしい。あくまでも風水上では。


これは、いいんじゃないか♪
お金を生み出してもらおう(笑)


###


少し前までは
オレンジやこげ茶の財布が欲しいと思っていた私。

時によって、欲する色は変わるもの。



流れに身を任せてみることも
欲する色の効果を得られやすく
心を整える効果もある。


色って奥が深い。







 

↑このページのトップヘ