長財布が欲しい。
高級感があって、社長っぽくみえるやつ。
そして使いやすく、手になじむ革。
いいなー。。。


と、ネットで下調べをしていたら
ちょうど好みのものを発見。
しかし、色がワインレッド。


お財布の赤は赤字を連想させるから良くない
ということを思っていた私は
「”赤字”以外によくないことがあるのか」と気になった。

色彩心理で言えば、
情熱の赤。勝負の赤。
わりと良い意味で使われる赤。


自分が欲しいと思ったのをきっかけに
財布の色にまつわる風水のサイトを見てみた。 




そうしたら、意外に赤も捨てたものではなさそうで。
しかも、赤とワインレッドは風水上は別ものらしい。



しかも、ワインレッドは
「金運を生み出すパワーが強い」
らしい。あくまでも風水上では。


これは、いいんじゃないか♪
お金を生み出してもらおう(笑)


###


少し前までは
オレンジやこげ茶の財布が欲しいと思っていた私。

時によって、欲する色は変わるもの。



流れに身を任せてみることも
欲する色の効果を得られやすく
心を整える効果もある。


色って奥が深い。