エリッカーレ社長 高橋恵梨香のblog

    「繋がる、広がる…そして豊かになる」をコンセプトとして立ち上がった 合同会社ericcare(エリッカーレ)社長 髙橋恵梨香のブログ。               想い、日々の徒然、ericcareでの出来事… 普通のOLから社長になった女性の頭の中を覗いてみませんか。

「繋がる、広がる…そして豊かになる」想いは2つ。
・人と人が繋がって、輪(和)が広がり、心が豊かになる。
・自信に繋がって、可能性がひろがり、豊かな発想を得る。

テレビ「その時チャンスは舞い降りた」を見ていて思ったことを。
(特別番組っぽいのでいつやるかも不明)



人はチャンスを
つかめるか、逃すか
どちらかしかない。




それを実際に体験させてくれるテレビ。

道行く人にインタビューをし、
条件に該当する人へ
チャンスをあげるというもの。



###


<例えば・・・>

贅沢をいつかしてみたいな、と思っている人に
「今から北海道に行きませんか」
といって超ゴージャスな旅行をプレゼントする。

飛行機のチケットや旅館、観光するコースは全て
番組が段取っていて、
あとは突然インタビューされた人が
「行きます」と答えれば
そこからゴージャス旅行の始まり。みたいな。





ポイントは 「今から」 というもの。




もちろん、着替えもナシ。
(旅館には浴衣がついていますが・・・)
北海道のどこかは、着いてみないと分からない。
どんな旅館に泊まるかも分からない。




予定があったり。。
オウチにワンちゃんがいるから。。とか
冬の北海道なんて寒そう。。とか
行ってみたいけど、無理。。とか

行かない人は言い訳たっぷり。
もちろん、仕事で行けないとかもありますし
それぞれ予定はありますけどね。





結果、北海道に行った親子(お母さんと娘さん)は

「家具を買いに、赤羽から電車に乗ろうとしていたら
北海道でゴージャスな旅行を体験し満喫してしまった」

のです。




###


よく、
チャンスの女神はすぐに後ろを向いて
去ってしまうので
「見つけたら前髪だけでもつかめ」と
言われますよね。



それです。





この人、本当にチャンスの女神かなぁ??
確かめた方がいいよなぁ??
うさんくさいしなぁ。。


と思っている間に
女神は去ってしまいます。





私も女神は存在すると信じて
前髪だけでもつかみにいきます。

常にアンテナ立てておかないと、ですね。

 

個人事業主から社長への道のり。
(カテゴリーはOLから社長となっておりますが)
 NTTネット契約、名義変更編です。



なかなか表には出ない事
(なかなかその手続きをすることはは無いだろう事)
なので必要な方だけ読んでいただければ、幸いです。




NTTネット環境の名義変更手続きについて
結果、とても厳しい(めんどくさい)手続きが必要でした。




私は
OL→個人事業主→合同会社設立という順で
会社を設立しました。



ネット契約の名義は個人名で一番最初に行い、
引き落とし口座も個人名義のものでした。

先月に会社名義の口座を作ったので
個人の事業用として使用していた口座の残高をゼロにしたところ
引き落としがされず支払督促の請求書が届きました。
(この時点で気づかない私も悪いのですが・・・)



あわてて下記事項を
個人名→法人名に変更することに。
●請求先氏名
●口座
●名義





カスタマーセンターの電話は時間がかかる。。。
ではなくて。




この一連の手続き
「ネット契約者名義譲渡」
となるらしく個人名から法人への譲渡手続きが必要となります。
(NTTの場合なので他社は各自ご確認くださいね)



まだ完了していませんが
ご案内で一連の流れの説明を受けました。



●口座変更手続きの手続き依頼、請求先氏名変更手続き依頼。(電話にて)
●名義変更(譲渡手続き)依頼。(上記と別場所、電話にて)
●口座変更書類記入、郵送。
●名義変更(譲渡手続き)書類、郵送。

ここまでは覚悟していました。
電話がどんなに長くても。。。




ここからが衝撃。



「名義変更書類送付時に同封していただきたいものがございます」
とのこと。


●個人の印鑑証明原本
●法人の謄本


上記2つを添付しろというのです。





「えっ、個人の印鑑証明までいるんですか??」
と聞き返してしまいました。




「名義の譲渡になりますので」
と答えになっていない、答えをいただきました。



法人成りで同じ場所で使うんだから
設立届(税務署に提出する書類)のコピーでいいじゃーん!!

と思ってしまったり。




印鑑証明、取りに行くのもめんどくさい。
法務局(ちょっと遠い)に行って、会社の謄本取りに行くのもめんどくさい。
↑ワガママ。


必要と分かっていたなら、他の用事のついでに取りに行ったのにー!!
↑ぐちぐち。。








…ここまで長くお付き合いいただき
ありがとうございました。



結論。

最後まで読んでいただいた皆さまには
「解約→新規契約」 をオススメいたします。

(○年継続使用割引とかを適用している方は要注意ですが。。)


日曜日は人間関係を見直そう!みたいなワークショップ参加。



興味があるものはしっかり学ぼうと。
つきつめていきたい私です。



正直、現時点での
人間関係、困っていることはありません。




仲良くしてくれている人達
かわいがってくれる人達
たくさんいます。




ただ、近しい人ほど
「もっと関係を良くしたい、もっとよく知りたい」
の欲求はつきないもの。
人間ですから。





P.C.Sのコミュニケーションスキルトレーニング受講を決めたのも
ホンネをしっかり聞いて、相手の要望を汲み取れるようになりたかったから。

割と、誘導尋問っぽくなってしまう私。
そこは直していきたいな。と思っています。






画一的なマニュアルがあれば
それでコミュニケーションがとれるものじゃない。

サービスやクレーム対応で
「○○○対応マニュアル」なるものは
無数と存在しているのに
解決が難しくなることも無数。


一人一人の要望が違うのだから
当たり前ですよね。
それを強要すれば、よい対応もできなくなる。



以前、
本「リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間 」
を読んでいて(うろ覚えですが)
「従業員、一人一人に最高のサービスを提供するための権限が与えられている」
には衝撃をうけました。

マニュアル化されたサービスではなく、
一人のお客様のことを想っての上での権限。
スピード勝負の時に、上席に確認して…なんていらないのです。

事後報告必須や
スピード勝負でなくてもいいものは
通常の決裁ルートがあるようですが。






###



「より良く」がここ最近のテーマになっている私ですが
自分に足りなかったものを発見できました。





それは「待つ」ということ。





いやー、難しそう(笑)







「相手が答えを持っているもの」は
聞いてもいい。


でも、
「相手自身も答えを探し中」のことは
聞かれるとストレス。




特に人生で何をやりたいとか
スケールの大きいものになると要注意。




だからその事に関しては「待つ」ことが
相手にとってのコミュニケーションとなるのです。
コトバでなく行動です。


相手の望むものを提供できれば
人間関係はさらによくなる。






寛大な心を持とう。。。
持てるか?!私。




 

人には向き、不向きあります。
だけど、
やらなければならないもの・やるべきもの
もあります。

その狭間に挟まってもがいている私。



###


私は人と多く関わる職業の方が
向いてる気がする。
なんとなく。


人と会うのは楽しいし
お喋りするのも好きだし
人の話を聞いて前向きになってくれる姿を見るのも好き。

その人が求めるものを
見つけられたらもっと嬉しい!!


そして
●人が笑顔になる瞬間
●名残惜しい顔してくれる瞬間
も好き。単純に嬉しい。
一緒にいた時間を楽しんでくれたな、と
ニンマリしてしまう。


だから今の職業は
好きなことを仕事にできている。




けど…やるべきこととして
苦手なものたちが控えている。




●数字とか細かい計算や経理
●法律的なもの
●IT関連
は苦手。
会社を作った以上、
ある程度は押さえなければいけないけれど。
避けて通れないのも分かっているけど。。。





だったらそれが得意な人と組めばいい!


と最近思えるようになってきた。
もしくは教えてもらう、とか。
(習うといった方が正しいかな)



ただ、苦手なものは
よく知らないから苦手意識が強くなる、
というのが一番の理由な気もする。



ただ、習得するための時間を考えたり
コスパを考えると
得意な人と組むほうがいいんだろうな
という結論になる。



・・・とりあえず、
経理的なものは任せよう。
そうしよう。
やってくれるよう口説こう。





他は??
うーん、悩ましい。。

「人を紹介する」
繋がりが広がっていくのは嬉しいですよね。



しかし、仲介する方はけっこうヒヤヒヤするものです。
●一人は尊敬している人なんだけど、一人はちょっと信用ならぬ人
●どちらもいい人ではあるけど、性格が合うか?
●トラブルは起きないか
など。

最終的には当人同士の問題にもなるのですが
後味がすっきりしないのはよろしくない。




ご縁の始まりの部分、かなり大事です。
これはビジネスに関わらず、恋愛や結婚でもそう。
人間関係は複雑ですよね。




###


先日、ピンポイントで
「この方をご紹介してほしい」というお話があり
お引き合わせをさせていただきました。



運良く?!どちらも
私が尊敬しているお二人。
人として大好きなお二人。

もうヒヤヒヤ感とか心配が全くないんです。
仲介する側として。


紹介はこうでなくっちゃ!という感じ。




しかも、お願いを受けていただいた方からこんなメッセージが。

「なんと嬉しいことでしょう。
先方の方のHP拝見いたしました。
素晴らしいミッションをお持ちで多方面でご活躍されておられる方ですね、
さすがは恵梨香さん、そういう方を周りに引き寄せていらっしゃいますねー!
私のほうこそ是非ご紹介いただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします(^^  」 と。


嬉しいですよね。
「私の方があなたに引き寄せられたんですよ」と
心の中でつぶやきました。






###



起業をするとたくさんの出会いや紹介が
命綱になることがあります。
私もイメージコンサルタントとしてのお客様は
紹介がほとんど。

本当に感謝ばかりです。
素敵な出会いもたくさんあって、とても嬉しいことが多いです。






ただ、それを逆手にとって
「紹介を義務にする」場があります。

ビジネスマッチングなどの交流会では
●人を紹介する
●仕事を紹介する
ことをしなければその会に居続けることができない、というもの。


確かに売上をあげるための交流会だし
ビジネスを広げていくための交流会。

…分かります。

そして義務化しなければ
その会の意味も崩壊してしまうことも。



しかし義務化するとどうなるか。




「自分が居続けるため」に
ヒヤヒヤする紹介をしなければなりません。


初めのうちは好きな人の紹介ができるでしょう。

しかし、ずっと好きな人を紹介しつづけられる人は
そもそも交流会で人から紹介をもらおうとは思わないはず。
=その会には入らないはず。


そういった交流会を全て否定しようとも思いませんし
出会った方々のなかでも、今でも交流のある方は
大切にしたいと思っています。









浅いつながりが多いよりは
数は少なくても深いつながりの方が
人生豊かに過ごすことができそうですよね。




人とのご縁は大切。
好きな人は大切。

ご紹介をするならば、好きな人を。




 

北区の起業セミナーに参加中です。
株式会社スマイルボイス 倉島麻帆先生 による
プレゼンテーションセミナー。全4回。




ただいま、しっかり復習中。



そこで笑顔の効用を教えてもらいました。

● 免疫力を高める
●自律神経を整える
●ダイエット効果
●やる気をひきだす

とのこと。


また、 D・カーネギー によれば
「笑顔は1ドルの元手もいらないが1,000万ドルの価値を生み出す」と。





たしかに
●笑顔の人には近づきたい。
●笑顔がステキな人はいい人そう。
●周りが笑顔なら自分も笑顔になれる。

となります。



まずは作り笑顔でもいいから、
スマイルを!!と教えてもらいました。






そして、笑顔に対する評価は男性のほうが
厳しいジャッジをしている、とも教えていただきました。


…こわいなぁ。男性(笑)
ジャッジがキビシイとは!





###




私の直感でいうと

女性(奥さん、お母さん、お嬢さん)の笑顔が輝いている家庭は
男性もみんな幸せそうな気がします。
男性が幸せそうな顔をしているから、女性が笑顔になるのかもしれませんが。


家庭だけと言わず、仕事場でもそう。



明るい女性がいて、みんな仲良しな会社やお店は
楽しいし、また行きたくなる。





反対に
女性同士のドロドロな戦いが多い所は
会社全体の雰囲気もあまりよくない。
端々に空気感は伝わってきます。
どんなに繕っていても。








なのでやはり女性の笑顔は重要!
だから私の夢にも付け足しを。

「女性が笑顔で輝いて豊かになる社会をつくる!!」
「その輝いた女性の笑顔で一緒にいる男性も幸せになれる社会をつくる!!」



みんなが笑顔でいられるといいですよね。
私もいつも笑っていようっと♪


 

昨日の
夢や希望、願望はなんでも口にしてしまえ の続き。



スキな事、キライなことは周知したほうがいい、
ということ。


これもできるだけたくさん発信してコトバにしたい。




好きな事を言い触れ回っていると
思わぬところから
ラッキーなプレゼントが届く。


一昨日、叔父がトマトを箱ごとドッサリとくれた。
トマトはダンナさんの大好物。



「エリカの旦那、トマトが好きだってこないだ言ってたから」
と覚えてくれていたのだそう。

もちろん、旦那さんは大喜び。





旦那さんはお酒が飲めないので
高級なシャンパンをもらうより、トマトの方が嬉しいのです。
値段じゃない。
(高級なシャンパンはお酒全般が好きな私の実家に流れることが多い)




なので、好きなものはどんどん口にしたほうがいい。
何回も言わないと、人は覚えていてくれない。
ラッキーを得たいならなおさらだ。





###


…逆に
嫌いなものを周知したほうがいい、エピソード。


私がある社長にご挨拶に伺う時に
お土産、何にしようかなーと思っていて。
従業員の皆さんにも分けてもらえるよう
焼き菓子にしようかな、なんて考えている時

ふとその社長のブログをみたら
「乳製品アレルギーで、市販のクッキーなども食べれない」
という記事。

焼き菓子撤回、紅茶のティーパックをお土産に。


そうしたら
「いつもお土産をもらっても、なかなか自分で食べれずに
従業員にあげてばかりだから、この紅茶は私が独り占めする♡」と
喜んでくれました。



私は心の中でカッツポーズ!



だってアレルギーって分かったから紅茶を選べただけで。
それで人を喜ばせることができたのならこちらも嬉しい。
ブログに書いてくれたことを感謝。








人って、言わなければ分からないんです。
思っていても伝えなければ、行動を起こせないのです。



「これぐらい、言わなくても分かってよ」
は伝えていない方が悪い。



マイナスイメージに繋がることは
あえてコトバにしなくてもいいと思うけれど。
悪口とかは特に。






発信はコミュニケーション。
人の期待するもの以上の感動を。







…ちなみに

●私の好きなものは「 チーズ/綺麗な色の景色 」

●私のキライなものは「 納豆/カエル 」


周知徹底事項となります(笑)








 

夢や希望を語る事、

●オトナになるとちょっと恥ずかしいし
失敗した時に気まずくなることを予想してしまったり。
●夢や希望のことを考えてないから言えなかったり。
●考えてないから言わないんじゃなくて大人げないから言わないだけだし。
って言い訳をしがち。


実際、私も社会人になったころは
「こうなりたい」って言えなかった。
ちゃんと言うなら
「こうなりたい!って考えていなかった」
というニュアンスが正しいかも。




しかし、起業してからは特に
●こういうことをしたい
●私はコレが好き
●こんな所に行ってみたい
をなるべく発信するようにしています。


…少しずつだけど、叶う事が多い。
本当に少しずつだけど。





それって言葉にすることで
自分自身に気づかせてあげていることだし
興味があったり、思っているから
言葉になることで。




「思ってもいない事はコトバにできない。」





それを気づかせてくれたのは
私よりうんと若い美容師さん。
たまたま同じお店で飲んでいただけの
偶然の出会い。




彼の夢や希望を聞いていてさらに思う事は

「自分のためだけの夢じゃなくて
後輩や業界に関わる人、全てのための夢を語る」ことは

めちゃくちゃカッコイイ!
ということ。




なんか、かっこよすぎて
自分の小ささに若干落ち込む。





どうなりたいかを考えているからこそ
自分がどうするべきかを考えられるわけで。

出会いや経験を通して考え方が変わってもいいと思うし、
想いを貫いてもいい。
ゴールが変わらなければ寄り道だってしていい。




でもその考えをコトバにして、発信しなければ、
「今は寄り道だよ」って言わなければ、
人には分からない。




逆に
言葉にして伝えてみると道が開けるはず。

応援してもらえる。
だから頑張れる。
夢に近づく。
希望が叶う。



こんなスパイラルにはまりたい。







私の夢は
「かっこいい女社長になること。」
「人望があってみんなに愛される社長になること」

あっ、自分のためだけの夢だ。。
まだまだ小さいな、私。。







ではでは、これでどうだ!

「女性が輝いて豊かになる社会をつくる!!」
「その輝いた女性と一緒にいる男性も幸せになれる社会をつくる!」








…次はもう少し具体的に書こうかな。



ミュージカル、しっかりと見たのは初めてかも。
昨日、 「DNA-SHARAKU」というお芝居を見てきました。
HPはこちら




新国立劇場に行くのも初めて。
image



あらすじはこちら




今のミュージカルってこんなに凄いんだ!!
が率直な感想。

もちろん、お話もよかったけど。
役者さんもいい味出してて、
中でもミッツ・マングローブはいいキャラで。





●バーチャルとリアル
●過去、現在、未来
全部が融合しているから面白い。


映像とお芝居を上手に組み合わせていて
とっても近代的?!なミュージカルでした。





創造する心を排除しようとする未来。
それを食い止めようとする過去。



創造する心は人と人を繋ぐ。










いやー、やっぱり
「人と人を繋ぐ」ってコトバ良いわ♡




人から創造する心を奪ったら。。
未来がそんな世界になってしまったら。。
めちゃくちゃ悲しい。







「今」があるから「未来」もある。
しっかり自分の意志をもって生きよう。


image


そんな風に思わせてくれたお芝居でした。

 

消費者の立場として
「良かれ」ではなかった体験を。



###


コーヒーに入れる、クリープ。
私自身あまりコーヒーを飲まないのですが
クリープがなくなったので 
詰め替えを!!となり、買ってきました。



たぶん、このくらいの大きさだろうなぁ、の容量。 



パウチの幅全てハサミで切り落とし
ルンルンで 詰め替えてました。




…が




満タンになってもまだ袋に残ってる。。。

あれ?!
容量間違えたかな??



と、瓶の容量とパウチ袋の容量を見比べる。 





瓶本体:175g
パウチ袋:210g


うーん。悩ましい容量。



よく袋のパッケージを見ると 
「新容量」とあるじゃないですかーーー!!
それも控えめに。




クリープのメーカーサイドからすれば
「増えてオトク!! 」とでも言いたいのでしょう。




実際はお得なのかもしれませんが
袋に残った粉、どうしてくれよう。。



ハサミで全開に切ってしまったし。
共有で使うのもだから使い勝手は良くしておきたいし。

結局、処分を選択しました。
処分に賛否があるでしょうが
この選択は変えられません。




●瓶の本体を変えなければならないほどの
容量アップならばそれを分かるようにする、とか。
=新しい瓶にしてね!!とか。

●175gを180gへアップしました!とか。



だったら嬉しかったのかも。
=良かれ だったのかも。


結局、このクリープが無くなるまでは
新しい瓶本体も買わないし
また同じことしそう。。。
そして、処分したことへの罪悪感。。。





小さな小さな事だけど
お客様のことを考える行動や商品作り
とても大切だな、と思う今日このごろ。








さっ、消費者の立場から
イイものを提供する側へチェンジしましょうか。







 

↑このページのトップヘ